2005年07月13日

祖母山頂近くの岩場で、犬が飼い主の両腕を噛む事故

平成13年7月1日(日)

犬連れ登山での事故について

2001年7月1日に祖母山に登り、九合目小屋で休憩中のことです。
女性登山者の方が九合目小屋に来られました。応対された小屋番さんに
何か話しをされていました。
「救急車を登山口に呼んでいただけないか?」ということだったようです。
ご主人が飼い犬に両手を噛まれて負傷しているとの事でした。
事故の情況は、小屋番さんからの情報です。

これから先は、大変長くなるので私が要約して書くと、間違って
伝わるかもしれないので以下のURLをクリックしてご覧ください。

http://tinyurl.com/dbee8


犬同伴で山登りを楽しまれている皆様へのお願い

* 梯子場、鎖場、ロープ等がないかどうか事前に確認しましょう。また、
そんな所以外にも犬にとっては通過が困難な場合があります。
(岩場が火山礫とか花崗岩などのザラザラした岩だったりすると、
足の裏の皮が擦れてしまい歩けなくなってしまいます。人様と違って、
靴は履いていないのですから!)

* 狭い登山道での擦れ違いの際は、じゅうぶんすぎる位の配慮を
お願い致します。犬が苦手な方、子供達にとっては、飼い主さんが
しっかり犬を抑えていてくれても、そのすぐ横を通過するのは恐いようです。
(犬が苦手な方や子供達は、犬が吼えるだけでも恐がります)

* 糞の処理をしっかりとお願い致します。この件に関して、犬連れ登山に
反対される方には、「糞などが山の生態系に影響を与えてしまう」という
意見もありますが、私個人はその影響は微々たるものだと思います。
それを言うのなら、私達人間、登山者がそこの生態系に与えている影響
の方が断然大きいはずですから!(登山道のオーバーユース、ゴミの廃棄、等々)

* 他にも犬連れ登山の方がいらっしゃるかもしれません、その犬に
吠え掛かったりすることのないように、日頃からの訓練・躾をお願いします。
(犬同士が吼えあっている光景など、他の登山者にとっては不愉快・迷惑な事です!)

 以上、よろしくお願い致します。

HP「宮崎、きまぐれ山歩」より



気に入ったら一押し


posted by 山友 at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5048298

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。