2005年04月13日

大障子岩縦走 その3

大障子岩縦走 その3

平成9年7月5日 晴れ、6日 晴れのち雨


前の年、3月にアミューズトラベルで同じ部屋になった、YOSIさんと
上畑(健男社・たておしゃ)から尾平(おびら)へ縦走する。

家を出る、8:00。JRで博多駅に着く、9:40。

YOSIさんの車に乗り込む、9:45。

国道3号バイパス、大宰府インターから高速に入り、大分自動車道の
日田インターから下りた、11:14。

国道212号線を南下し、小国町から国道442号線に入り、瀬ノ本高原
を通って竹田市に入る。竹田市で県道8号線を少し走って国道502号線
に入るのが少し難しい。
(そのまま県道8号線を南下すれば、入田から牧口徳田竹田410号線に
入り、米山で県道7号線と合流する。)

国道502号線を東へ5K進んで、県道7号線へ入る為、信号で右折する。
すぐに原尻の滝で、そのまま16K南下すると上畑に着く。傾山登山口
バス停から左折し数分で今夜の宿、上畑林間学校に着く。

この建物は元分校校舎、部屋は4、5室で全面板張りや、半分畳、全部畳
とシャワー室がある。
全部畳の部屋は先人がすでに貸切っていて宴会中。 我々は半分畳の部屋を掃除して、シュラフ(寝袋)で寝た。

起床、3:40。
用意ができるとすぐ出発。健男社の前の駐車場に車を止めた、405m。
真っ暗な中ヘッドランプを点けて、神社右横の車道を登る、4:10。

この車道を登り詰めると山道が始まる。少し明るくなった所で
朝食をする、5:17〜5:37。

自然林を急登すれば、所々に見晴らしの良い露岩が現れる。ちょっとした
台風や大雨で道が塞がれる、行く手を探しながら進んだ。

黒岩ピーク(1204m)を過ぎると傾斜も緩み、スズタケを漕ぐ。最後に
障子岩をよじ登って前障子に着き大休憩、1409m、7:50〜8:25。

再出発
してからも、手強いスズタケを掻き分け岩稜の上下を繰り返す。
大障子手前で休憩、9:30。

大障子岩山頂、1451m、10:00。
壮大なスケールの展望を楽しんだら下山する、10:13。

急降
下して八丁越に着く、1285m、10:40。
これからは今までよりは緩い尾根を進み、1回目の試みで引き返した、
例の岩場と池ノ原を通過し、宮の原に着いた、1402m、12:06。

夏のため少しバテていたが、宮の原に着く少し前から雨が降り出し、
涼しくなって元気を取り戻したか、下山は足が速くなった。

祖母山登山口、600m、13:34。

登山口付近では雨が降っていなかったが靴は中まで濡れてしまった。
尾平青少年旅行村前の広場で少し休憩をし、ゆっくりと風呂に入る。

上畑林間学校の安藤氏に、
健男社の前の駐車場まで車で送ってもらう。(内緒、少々の御礼をする)

車出発、405m、16:00。小国町、17:46。

日田から大分自動車道に乗り、朝倉町の山田SAで15分休憩、18:50。

JR博多着、19:55。
気に入ったら一押し 気に入ったら一押し
posted by 山友 at 20:36| Comment(0) | TrackBack(1) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


Excerpt: 原尻の滝所在地=大分県豊後大野市|落差=20|滝幅=120|水系=大野川}}原尻の滝(はらじりのたき)とは、大分県豊後大野市緒方町の緒方川にある滝。日本の滝百選に選ばれている。下流では大野川と合流して..
Weblog: 日本の自然を見つめる瞳
Tracked: 2007-08-07 07:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。