2005年01月06日

瀧ノ観音寺から戸ノ上山

戸上山、518m。


平成13年4月29日

朝から雨。JR門司駅に着く、8:07。

門司駅辺り一帯は、大里(だいり)と言う。壇ノ浦で散った
安徳天皇の行在所になった事から、内裏(だいり)と呼ばれていたが
江戸時代中期の小倉藩主が大里に改めさせた。
ここには安徳天皇が湯浴み(ゆあみ)の水に使ったという風呂の井戸や
行在所となったと伝えられる柳の御所がある。

他にも、史跡のてんこ盛りで、細川忠興歌碑、平忠度、平時忠の歌碑、
江戸時代の旧大里宿、明治天皇の休息所、毛利輝元の家臣福間元明
の碑など、など。

5月3日の祖母山の山開きに向けてのトレーニング登山。雨にも
係わらず8人が集まった。

出発、9:15。
競輪場のそばを通って、都市高速を潜る所で、雨具などの調整の為
休憩をした。
ここから上り坂で、展望台を経て参道の石段下に着いた、65m、9:50。

数えること350段、途中で一人が合流して9人となる。

滝の観音寺に着いて休憩、150m、9:57。

寺の横に回ってみると、何十本かの黄色のエビネが薄暗い中、
くっきりと浮かんで見えた。

お滝場の所から谷を上り詰めるのだが、メジャーなコースでは無い為、
台風や大雨にあうと道が荒れたままになっている。道と言うより
全部、急坂と岩場。

雨と人数が多いので、ゆっくり登って山頂に着いた、518m、11:14。

山頂標識のある所から少し東に行った所に、戸上神社上宮があり、
その鳥居の横のしっかりした造りの山小屋で昼食をした。

今日は植物に詳しい人が何人か居るので、しっかりメモを取っておこう。

ニョイスミレ、シハイスミレ、ミズヒキ、ナガバノモミジイチゴ、
ヤマジノホトトギス。
スミレは種類が多いので難しい。

正面登山道の寺内へ下山を始める、11:50。

ナルコユリ、アマドコロ、ゴヨウアケビ、テンナンショウ、
タツナミソウ、カノコソウ、キンラン。
雨が上がって植物を鑑賞しながら、下りもゆっくり。

午後1時前に登山口に着き、門司駅に着いたのは、14:00。

気に入ったら一押し
気に入ったら一押し


posted by 山友 at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1497699

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。