2004年12月27日

戸ノ上山から足立山へ

平成8年6月22日(土曜日)

企救(きく)縦走、梅雨の間の朝霧の中、戸ノ上山へ。


JR門司駅からバスに乗って、寺内で下りる。歩いてもそんなに
遠くありません。

バスから降りてむかいの道路に渡り、両側が住宅の坂道を、200m位
南へ上がる。
上になると右手にはっきりと渓流と分かる流れが出てくる。

もちろんこの辺りも住宅街です。車道が左にカーブする辺りが登山口
で、渓流に沿って登る、85m、8:25。

雨は降っていなくても、梅雨の為か、ガスがかかって幻想的に見えた。

見晴らしのよいところに出ると、企救自然歩道の案内板があり、
ここは大久保バス停への分岐でもある。160m、8:46。

戸ノ上山と374mピークとの鞍部で一休みする、365m、9:19。

ここからも尾根の急登が続き、緩くなりだすと、戸ノ上神社上宮
に着く。神社の入口に、6帖程の山小屋がある、9:40。

西へ少し行くと、見晴らしのよい山頂広場、関門海峡と島々が
見渡せる。休憩をして出発、518m、10:05。

暫くは緩やかな樹林帯を行くがすぐに、急勾配の下りとなる。

草原の大台ヶ原は真下に見渡せる。鞍部ではあるが明るくて、見通
しがいいので真夏以外は、人気(ひとけ)が多い、364m、10:15。

足立山まで4.0Kの地点、10:25。足立山まで3.2Kの地点、10:51。

三角点のある404mピークで小休止、11:10。

足立山まで2.2Kの地点(408mの三角点)、11:30。

ここから戸ノ上山から来る場合、唯一登りがきつい。

足立山まで1.3Kの地点、11:52。足立山まで0.4Kの地点、左に
労災病院への分岐12:29。

足立山頂(598m)、12:35。  砲台山、12:58。

御祖神社(妙見神社)へ下る、13:20。

足立下バス停から、小倉駅行きに乗る、13:42。

気に入ったら一押し
気に入ったら一押し



快適さだけではいけない。強靭さだけではいけない。
それがフイルソンの理想ウエアです。

posted by 山友 at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。