2004年12月21日

貫山(ぬきさん)

平成8年10月6日

貫山〜水晶山

小倉あるこう会、64人と。

JR小倉駅前1番のりばから(38)に乗る。(現在は平和通2番のりば
になっている。) 8:11。

中貫、府殿入口で降りて、集合場所の上貫バス停まで歩く、9:12。

準備体操をして出発、9:22。

20分位で鳥居(貫山権現参道)をくぐって、山道に入る、9:44。

2度目の車道に出る。少し先に行くと小さな看板の為、見落すと
そのまま進んで大変な藪こぎと急登を強いられる。

しかし、南側は、平尾台の一部である草原で穏やかな様相を呈して
いるが、貫(ぬき)から登る北面は自然林に覆われて急登が続く。

杉の植林から自然林へと変わり、大木の根元から湧き出る水場がある
上宮の広場に着く、11:12。休憩をする。

ここから不規則な石段を一直線に登ると貫権現上宮に着き、やがて
樹林が途切れカヤトを抜けると、原っぱのような山頂に出る、11:57。

10月のこの頃は、晴の日が多く、今日も心地よい日和で、
ガスコンロを出して煮炊きしている者もいる。
十分な休憩と昼食時間の後、下山する、13:20。

南面を100m、10分で一気に下る、618m。ここで歩こう会は解散。

三手に分かれて下山する。私は水晶山の麓を通って、朽網(くさみ)
駅まで歩くコースを取った。

最初の林道(母原朽網林道)に出る、14:42。

昭和池の西側をたどり、堰堤そばの休憩所で休む、15:40。

JR朽網(くさみ)着、16:06。

気に入ったら一押し
気に入ったら一押し


posted by 山友 at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。