2004年12月04日

古処山 その3

平成11年8月14日

馬見山(977.8m)〜古処山(859.5m)縦走

古処山の裏手から登って、裏手に下る計画。
筑豊本線で新飯塚まで行って、後はバスを利用する。

JR直方発、7:04。JR新飯塚着、7:25。

西鉄飯塚バスセンターは歩いて10分位のところにある。足白車庫行き
に乗る、8:00。終点足白車庫着、8:44。

立派な県道を約1km南下すると、馬見神社下宮の少し先から小さな道に入る。←案内板あり。嘉穂町営キャンプ場を通り抜けると又、立派な車道に出る。(南嘉穂林道)
9:28。
林道の数百m西に、宮小路三叉路と呼ばれ、駐車場がある。

キャンプ場上部(駐車場あり)が登山口で、車道を横切って杉林に入る。
少し荒れた登山道を登っていくと、一段上の林道に出る、10:13。

標高600mを過ぎた辺りから自然林に変わり急登となる。大きな岩も何度か現れて、
ついに三角形の形をした御神所岩に到達する。人がその岩に立っているのを見ると
なんでもないように見えるが、自分が立つとかなり緊張する。(ちょっと怖い!)890m。

更に急登が続いて、支尾根に出る。初めは支尾根と気づかず山頂に着いたと思った。
930m、11:25。
山頂と思った方向に行ってみると、何かのピークであることは分かる。もし馬見山頂とすると西に縦走路があるはずが、ない!
それに、尾根に上がってピークまで北に進んでいる。その先は下り気味。

では、反対の方か?確信のないまま、右折の方へ行くことにした。

少し進むと急坂があり見晴らしもいいので、腰を下ろして昼食をとることにした。
960m、11:40。
その後、すぐに九州自然歩道に合流して、馬見山頂となった。

馬見山の先は、基本的には下りながら幾度かの小ピークを越えて
宇土浦越、680m、12:40。ここから北へ飯塚方面(宮小路)と
南へ江川ダムのコースがある。屏山2K、馬見山1.4K。

屏山、926.6m、13:40。全体に女性向きのコースであるが、宇土浦越から
屏山までが最もきつい。古処山まで1.7K。

奥の院分岐で道を間違えて分岐に戻る。30分ロスタイム。14:35。

古処山頂、859.5m、14:45。

千手(せんず)分岐、15:00。高校時代の友人3人が迷った方向。

水場、15:15。林道に出る、540m、5:20。

林道を北東にくだって、川底の村に下りた。380m。
更に少し下ると立派な南嘉穂林道に出たところで、千手(せんず)バス停までの
道を尋ねた、365m、15:50。
今は古処山園はなくなり、長野集会所の左の舗装道路を100〜200mくだり、
さらに右へ山道を下る。

千手寺、130m、16:38。山頂まで7.5K、キャンプ場まで、
2.3Kの標示。ここが、千手の登山口?

千手小学校のそばを通って、千手バス停に着く、50m、16:55。

私としては珍しく、上嘉穂警察所バス停までタクシーに乗った。

飯塚バスセンター着、18:05。JR新飯塚、18:20。

JR直方、18:40着。

直方市、18:50の気温、23℃。真夏にしては余り高くない。

気に入ったら一押し
気に入ったら一押し


posted by 山友 at 17:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

明るい未来を信じよう♪
暗い日常は自ら切り開くモンだぜ?
http://9qmipgt.plistfa.info/
Posted by ちょっとした暇でもヤれる♪ at 2011年03月20日 08:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。