2004年11月29日

オキナグサに感激

平成16年4月25日

  焼立山(759m)〜牛斬山(580m)

JR採銅所に7:45に着いた。
早く着いたので、駅前右手、小高い丘の古宮八幡を散策した。

5人が揃い出発する、8:50。
4ヶ月前、焼立山の方から採銅所下って来たのに反対側から行くとなると
所々、不確かな所がある。後入道の集落に入って、大きな橋を渡ろうとしたら
この辺りの人に狭い方の道だと教えられた。
その後、沢を渡る所で休憩をした。9:40。

こもれび分れ、10:02。満干越(320m)、10:12。

満干越の三叉路を、今日は真っ直ぐ東へ登っていく。
この尾根は満干尾根と言い英彦山(ひこさん)修験道の峰入道である。
急登あり、岩ありの難コースのはずが今日は、ワラビ狩りがメインで草花を観賞
しながらゆっくりと登った。

尾根の真ん中辺りにある526mピークの少し手前で小休止。10:40。

石灰岩の岩が並び立っている、526mピーク(四等三角点)
を通過、11:04。

シュンラン、ナツトウダイ、ヤマルリソウ、ツルシキミ、ミツバツツジ、
数は多くはないが厳しい環境に耐えてひっそりと咲いている。

満干分れ、九州自然歩道に出る。12:07。

縦走路に出るとすぐ焼立山、12:10。自然歩道は防火帯になっていて
刈られている草の間から、センボンヤリ、ハルリンドウ、キジムシロ、
ミツバツチグリ、ツクシショウジョウバカマ、ツルフジなどの花がのぞく。

ワラビも取りたいが、とりあえず昼食を済ませよう。
焼立山頂は縦走路より20mほど高いところにある。天気は良いのにゆっくり
登ってきたせいか少し寒くなった。

赤牟田の辻からこちらに向かってくる人が見える。向うからもこちらの5人が
見えるので、わざわざ焼立山頂に寄り道をしてくる。
この道が初めての人は、こちらですか?と尋ねた。私が7年前に
急坂を間違って下りた方向を。

食事が終わるのを待ちかねて、ワラビ取りを始めた。
日当たりが良すぎるのか、太さも丈も小さい。それに競争相手が多く、
進むにつれて、刈り取った後が目立つ。

途中で立ち話をしていると、一番の若手が、足元の植物を見て
”これ何?”と聞いた。な、なんとオキナグサではないか。そこらに
散らばっていたメンバーに声をかけるやら、前から来る人にまで教えた。
だが、この先にもたくさん見かけた。群生もある。残念なことに、翁のごとく
白髪になっているのが多い。

来年は1週間早めてもう一度来よう!

今日はとても気持ちのいい日和で、防火帯の端で、
寝転がっている人もいる。←女性

牛斬山にようやく着いた。15:00。後は採銅所まで下るだけ。


気に入ったら一押し
気に入ったら一押し


posted by 山友 at 15:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして、突然の訪問お許しください。
この度「元祖ブログランキング」というブログランキングサイトを開設いたしました。
貴サイト様を拝見させて頂き大変興味のある楽しいページだと感じており、是非当「元祖ブログランキング」にご登録していただきたく思っております。

元祖ブログランキングでは11/20より大規模プロモーションを行っておりますので、初期の登録運営者様はプロモーションで多数のOutカウントが見込まれます。
☆ぜひともこのお得な機会に是非当ランキングに登録して頂けませんでしょうか?
今後の貴サイトのご発展をこころよりお祈り申し上げます。

※ご案内の送信の際には細心の注意を払っておりますが、万一重複して送られてしまったり、既に「元祖ブログランキング」をご利用されている場合には誠に勝手ながらお許しくださいます様お願い申し上げます。

登録URLはこちらです。何卒よろしくお願い致します。

http://blog.rank10.net/
Posted by 元祖ブログランキング at 2004年11月29日 15:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。