2004年11月26日

後入道〜満干谷

平成10年8月2日 日曜日

後入道(ごにゅうどう)〜満干谷(みちひだに)

JR採銅所に集合。9:10出発。

小倉歩こう会のメンバー61人と。

駅から数10メートル北に戻り、線路を左に渡って現人(あらひと)神社
の前を通り、後入道の集落へと進む。

採銅所から2.5km、鮎帰川に沿って進むと人家が途切れ、
橋を渡ると道も少し狭くなり急坂になる。
我々の進む方向ではないが、後入道の遊歩道の近くには金山跡や
選別所跡が散在している。
流れに沿った山道を1km位進むうちに坂が緩くなって、
沢を渡る分岐点となる。(こもれび渓谷口)

薄暗い杉林を、北北東に走る谷に沿って15分も登ると、
尾根に出る。(こもれび分れ)
この尾根に沿って東へ5、6分進むと満干越に着く。
此の間30分、木漏れ日のさす自然林や新鮮な空気に囲まれて
とても幸福な気分になる。必ずもう一度来ようと思った。

満干越で休憩した。ここは三叉路になっていて、西へそのまま尾根を
登れば九州自然歩道の縦走路に出てすぐに焼立山。

我々は北へ1、2分下って林道に出て、吉原川に沿って下り
紫川起点まで戻った。11:30。
今度は、吉原川と同じく鱒淵貯水池に注いでいる山ノ神川に沿って
5〜600m遡った所で昼食。11:45。

12:55、食事を終えて、JR呼野まで歩いた。13:50。

気に入ったら一押し
気に入ったら一押し


posted by 山友 at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1128595

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。