2005年07月26日

馬頭岳 その4

平成16年5月30日(日)  雲り一時雨

馬頭岳縦走

29日より梅雨入りで、空模様が気になる。
JR中間の次の駅、JR鞍手に4人集まって出発する、9:15。

駅を出て田んぼの畦を通り近道をして広い車道に出る。木月池手前の
陥没池の所で、鞍手町役場の標示から左折する。
猪ノ倉信号を直進して、住宅街を通り抜ける。役場の前から鋭角に右折
して新延(にのぶ)の村を通り抜け、三叉路に突き当たると右折する。

永谷旧道を通り、猿田峠の少し先から右手の旧道に入ると鳥居があり、
右の石碑に猿田彦神社、左の石碑に豊日社の文字が読み取れる。

この猿田彦神社が豊日社と称していたとすれば、これは重要である。
行橋市に「豊日別神社」という古社があり。かつて、官幣社豊国一ノ宮
を称していた。明治期にこの宮で古文書が発見され、・・・・

HP古代史考「風姿」より
        http://tinyurl.com/9fhj6


由緒あるお宮だそうな。


古い住宅街を抜けると、のどかな田園風景と北西方向に城山が間近に
見える。このように城山だけ見えるビューポイントは他にないと思う。
早速写真を撮ることに。

安ノ倉登山口が近づくにつれて、ぽつぽつと雨が降り出した、55m、12:10。

雨がしっかり降り出したので、少し先の三叉路の、民家の塀の前で
傘をさして昼食を済ませた。雨具は付けずに傘をさして出発、12:40。

三叉路から少し戻る。民家、続いてため池の左横を通り、お堂を過ぎると
湿地帯になっている所から、一番左の道を進む。

ほぼ北東にかなり急登だが標高が低いので、すぐに四等三角点に着いた、
205m、13:18。

実は、この日まで間違ったピークを馬頭岳山頂としていたので、
頭が混乱していた。最初のピーク(四等三角点)を下るとき、初め反対の
方向に下って間違っていると直感し、あと戻りました。
要するに、2月の時の、最初に到達した小ピーク(195m)は今回、通過
していません。

東に下って、南東に急登し、若松分岐線12、13号の標柱を見るとすぐに
馬頭岳一つ手前の小ピーク、205m、13:35。

さらに東に下って馬頭岳山頂、209m、13:41。
この頃になると、雨もほとんど上がっていました。
ここから先、新屋敷から上がってくる人や展望所にリュックを置いて
山頂まで往復する人や縦走も終わりに近い頃、登ってくる人などに
出会いました。数年前までは、人に会うことなどなかったのですが。

チサンカントリークラブ、遠賀高校のそばを通って千代丸登山口に
着いた、10m、15:48。

JR遠賀川に着く、16:33。

    気に入ったら一押し 気に入ったら一押し

posted by 山友 at 15:18| Comment(0) | TrackBack(1) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月22日

馬頭岳 その3

平成16年2月21日(土) 晴れ、気温が高い、24℃

安ノ倉(宗像)〜馬頭岳〜千代丸(遠賀)

筑鉄中間に着く、7:16。

参勤交代、赤間街道の内宿通りを通り、新延(にのぶ)信号から本宿通り
に入る。
新延小学校を右折し、七ヶ谷バス停から小道に入る。旧街道の宿場町の
雰囲気を感じながら永谷天満宮バス停に着く、45m、9:35。

昔、追いはぎが出たという猿田峠、75m、9:45。

峠を越えてすぐ、近道をするため右手の旧道に入る。旧道に入って又直ぐ
鳥居があり、石段を登ると猿田彦神社です。

宗像から岡垣町へ抜ける車道を北へ1km歩くと、登り坂の手前で
安ノ倉登山口に着く、55m、10:25。

三叉路になる手前数メートル、人家の左横を東に入って行くと池が現れ
、それを右手に見て谷に入っていく。
お堂を過ぎて湿地になった所でまっすぐ谷を詰めても、前回下る時の
分岐点に到達すると思うが、今日は左手の道をとる。

ずっと北東で登って小ピークに着いた、195m、11:07。

東向きに下り、谷になった所から南に急登すると、四等三角点の
ピークに着く、205.4m、11:10。

今度も東に下り、谷になった所から南東に急登する。
若松分岐線12、13号の標示板を見るとすぐに小ピーク、205m、11:31。
ここで昼食を済まし出発する、12:00。

ほぼ東向きに下り登りして、馬頭岳山頂に着いた、205m、12:07。

遠賀霊園の方に下る新屋敷分岐(東へ)、173、12:36。

遠賀郡だけでなく、英彦山、福智山も望むことができる展望所、 184m、12:52。
ここから次の主な分岐まで、チサンカントリークラブの縁を歩きます。
右側からプレーしている声や雑音が耳に入ってくる。

百合野分岐(西へ下る)、167m、13:02。

八反田分岐(東へ下る)、150m、13:36。
麓にある町内の総合福祉施設、ふれあいの里で岩風呂、檜風呂、サウナを
利用するのもいいかもしれません。

戸切分岐(西へ下る)、125m、13:40。

遠賀高校グランドのそばの登山口、42m、14:05。

千代丸登山口を通って、JR遠賀川まで歩く、14:54。

    気に入ったら一押し 気に入ったら一押し

posted by 山友 at 15:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月21日

馬頭岳 その2

平成13年2月8日    晴れ

馬頭岳(209m) その2

馬頭岳は、国土地理院の地図に山名が載っていません。
遠賀町役場都市計画課によると遠賀町、岡垣町、鞍手町の3つの町にまたがる。

としているが、馬頭岳山頂標識のあるピークは、遠賀町と岡垣町の区界 線上であり、
標識から300m西にある小ピーク(岡垣村標識、205m)が
遠賀町、岡垣町、鞍手町の区界であります。

この辺りは数百メートル離れて小ピークがたくさんあります。
馬頭岳山頂標識の300m東にある小ピークは馬頭岳より高い225m、
岡垣村標識の300m北西にある四等三角点は205.4m、
岡垣村標識の300m南東にある鉄塔は185mです。


家を 7:50 に出て、近くの電停から中間(市の名前)まで電車に乗る。

中間の町を抜け遠賀橋を渡って、筑豊本線のガードをくぐり、
しばらく歩くと中間市から鞍手郡に入る。
かんがい池(陥没池)を通り抜け、鞍手町役場の標示の方へ行く、9:05。

山ヶ崎バス停、9:25。すぐ先の、鞍手役場とクボタ(農機具)に着く。
南から歩いて来て、ここで西折れする。(ヘアピンカーブ)

西川沿いにある県道55号線を横切って、新延(にのぶ)の集落を 通り抜けると、
三叉路に突き当たる、10m、9:54。

右折(北西)して進む。ここから、木屋瀬と赤間の宿場をつないでいる 赤間街道に入る。
緩やかな登り道をたどり、六反田、七ヶ谷を過ぎ、永谷の町並みには、
小規模な宿場町の雰囲気が残っている。

宗像市と鞍手町の境になっている猿田峠の手前0.7Kmの地点、
永谷天満宮バス停(三叉路)に着く、45m、10:25。

中間の電停からしめて、9km歩きました。


バス停の少し先に登山口があり、北東に入る。
80m付近に最後の人家があり、この先は道幅がぐっと狭くなる。

谷が北向きに続いて、もうほとんど藪こぎ状態で、電柱にぶつかる、 105m、10:38。

左手130m向こうに電波塔があって、すぐそばの林道が見える、 145m、10:48。

この先、荒地が続き155mがピークで再び下りとなる。

135m地点、11:03。 少し北東向きになって大谷の林道に出る、90m、11:17。
この林道は遠賀霊園のある新屋敷から、南西に向けて延びる谷間を
たどっている。

林道にしたがって西に向きを変え進むと、道幅が狭くなる、105m、11:22。

初め北向きに回りこんで135mまで登ってみましたが、違うようなので
道幅が狭くなる所まで戻って、九電工事中の方(北西)へ行きなおす。

120mあたりから、北へものすごく急な植林の崖をよじ登ると 小ピークで祠があった、
155m、12:00。


その後、登り下りして尾根に出る、225m、12:20。

西へ下り、北西、北と向きを変えて6番目の鉄塔に着く、190m、12:24。

さらに西、北西と進んでようやく馬頭岳山頂に着いた、209m、12:27。

昼食を済ませて下山する、12:51。 正規のルートは東へ下るのだが、今日は西へ。

小ピーク(岡垣村の標示)、205m、12:58。

北西に向きを変えて下ると分岐点に着く、185m、13:05。
ここから 西に行くと四等三角点のピークだが、今日は南西へ下る。

100mあたりから湿地帯になって、お堂の傍を通り、池が現れると 車道が近い。

車道に出る(安ノ倉)、65m、13:40。吉冨交差点、37m、14:00。

高六バス停、猿田峠、永谷登山口、新延信号を通って、来た道を帰る。

中間電停着、16:49。

    気に入ったら一押し 気に入ったら一押し

posted by 山友 at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月13日

祖母山頂近くの岩場で、犬が飼い主の両腕を噛む事故

平成13年7月1日(日)

犬連れ登山での事故について

2001年7月1日に祖母山に登り、九合目小屋で休憩中のことです。
女性登山者の方が九合目小屋に来られました。応対された小屋番さんに
何か話しをされていました。
「救急車を登山口に呼んでいただけないか?」ということだったようです。
ご主人が飼い犬に両手を噛まれて負傷しているとの事でした。
事故の情況は、小屋番さんからの情報です。

これから先は、大変長くなるので私が要約して書くと、間違って
伝わるかもしれないので以下のURLをクリックしてご覧ください。

http://tinyurl.com/dbee8


犬同伴で山登りを楽しまれている皆様へのお願い

* 梯子場、鎖場、ロープ等がないかどうか事前に確認しましょう。また、
そんな所以外にも犬にとっては通過が困難な場合があります。
(岩場が火山礫とか花崗岩などのザラザラした岩だったりすると、
足の裏の皮が擦れてしまい歩けなくなってしまいます。人様と違って、
靴は履いていないのですから!)

* 狭い登山道での擦れ違いの際は、じゅうぶんすぎる位の配慮を
お願い致します。犬が苦手な方、子供達にとっては、飼い主さんが
しっかり犬を抑えていてくれても、そのすぐ横を通過するのは恐いようです。
(犬が苦手な方や子供達は、犬が吼えるだけでも恐がります)

* 糞の処理をしっかりとお願い致します。この件に関して、犬連れ登山に
反対される方には、「糞などが山の生態系に影響を与えてしまう」という
意見もありますが、私個人はその影響は微々たるものだと思います。
それを言うのなら、私達人間、登山者がそこの生態系に与えている影響
の方が断然大きいはずですから!(登山道のオーバーユース、ゴミの廃棄、等々)

* 他にも犬連れ登山の方がいらっしゃるかもしれません、その犬に
吠え掛かったりすることのないように、日頃からの訓練・躾をお願いします。
(犬同士が吼えあっている光景など、他の登山者にとっては不愉快・迷惑な事です!)

 以上、よろしくお願い致します。

HP「宮崎、きまぐれ山歩」より



気に入ったら一押し


posted by 山友 at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月08日

明神ヶ辻山〜多賀山〜豊前坊山〜日ノ峰山

平成16年2月1日(日) うす曇

明神ヶ辻山〜多賀山〜豊前坊山〜日ノ峰山

JR水巻に8時集合、6人で出発する。
実は、平成12年12月、KOGAさんと一度登り、私が気に入ったので
他に声をかけて同じコースを試みることに。

国道3号線を渡って250mほど北西へ歩き、伊豆神社の鳥居をくぐって
神社横の遊歩道を登る。

この山は小さな双耳峰で、三叉路から南西にある小ピークに行ってみる。
一番高い所に立ってみたが、標識はなかった。

三叉路に戻って数分で明神ヶ辻山頂、96m、8:30。山の上は公園化
してあって、展望台や立派なトイレもある。

今度は登ってきた方向とは反対(北西)に下る。ほとんど下りたところで
鉄のゲートを抜けて、道幅の広い車道を東(右折)へ向かう。

500m歩いて、上り坂を左折すると左手の高台に立派な建物がある、 図書館らしい。

3年前一度来ているにもかかわらず、すっかり忘れて図書館の周りを
うろうろして、石段を再び下る。車道を先に進んで、建物の外れまで来て、
又後戻り、さらに再び石段を上がる。

ようやくうっすらと思い出した。石段を登り、さらに上の大山祇神社
まで登るのでした。

もう、ほとんどお参りする人がいないような、古ぼけた神社の右手の裏から
藪こぎ10分足らずで多賀山山頂、103m、9:22。
時折訪れる人があるのか、「多賀山」のプレートが木に掛けてありました。

西へ下山する。ふみ跡はあるものの、ほとんど藪こぎ状態、住宅地に出た。

多賀山の500m真西に豊前坊山がある。山と山の間に車道が走っていて、
麓は住宅が立ち並んでいる。

豊前坊山の北側に、報恩寺と久我神社があり、神社に駐車場と登山口がある。

豊前坊山山頂、75m、10:02。
古賀城址と刻んだ大きな石碑のすぐ向こうに、一級河川の遠賀川が
眺められ、余り広くない山頂に、東屋やベンチがありゆっくりくつろげる。
ここで昼食をして下山する、10:34。

豊前坊を下りると、住宅街を抜けて、車の多い車道を2Km歩く。歩いた
車道を東に移り、遠賀郡から北九州市に変わる。

日ノ峰山の西側の麓、住宅が少し途切れた一角から、すぐに藪こぎで
登り始める、50m、11:15。

油断するとずるずる落ちる、急な谷をよじ登って
日ノ峰神社上宮、114m、11:45。

ゆっくり休んで下山は、階段の付いた正式の道を下る、12:10。

住宅街を抜けて、九州共立大学、九州女子大学、付属高校、短大を
右手に見て、国道199号線をまたぎJR折尾西口に着いた、13:15。

石川県の方が、この超ローカルな山、明神ヶ辻山と多賀山を
「キャンピングカーを使い 山岳信仰の山2000に挑戦」
で詳しく解説してくれています。

       http://tinyurl.com/773de


気に入ったら一押し 気に入ったら一押し
posted by 山友 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月06日

帝王山(山田市)〜益富山(嘉穂町)

平成17年7月3日(日) 曇り一時雨

帝王山〜益富山

家を出る時は土砂降りだったのに、まもなく雨も上がった。

JR新飯塚に4人集合、8:16。駅前のバス停から山田市に行く便が、 すぐに出ることになっている、8:20。

山田市役所の少し先の、西鉄上山田でバスを降りた、30m、8:55。

メイン通りを数十メートル戻って山田川を渡り、市役所、上山田小学校 を右手に見て、4、5百メートルで信号を右折する。 (車の場合は一つ先の陸橋下の車道を右折れする。) 東西に伸びた左手崖の、フェンスが切れたところから下の車道に降りる。

降りるとすぐ左手に、帝王山登山口案内板に従って、北へ進む。 向きが南東に変わる頃、2手に分かれた右の道を行く。 少しずつ坂道となり資材置き場のある大きく右折する手前、道脇左に、 小学生の作った登山口標識がある、70m、9:44。

帝王山は、以前はっきりした登山道がなかったらしい。平成14年10月、 麓の上山田小学校の生徒達が登山道を整備しました。 雑誌の「グリーンウォーク」やインターネットに活動の様子が公開されています。

       http://tinyurl.com/ak7gn

初め少し急登だが、すぐにほぼ水平、北東に、荒地の藪を行く。 100m近くなった所から西に向きを変えて、少し急登となる。 少し我慢をすると、頂上に着く、213m、10:07。

頂上からの下り口は何ヶ所か赤いテープが見られるが、今日は、次の予定 もあるので、途中から登って来た道と合流する、まき道を使って 下りることにする。

ゆっくり休憩が済んだら下山しよう、10:23。

まき道分岐、155m、10:40。登山口、70m、10:47。

最初の案内板まで戻って、そのまま車道を右折する。 さらに、250m先の三叉路を左折する。来たときに通った陸橋の下を くぐり、右手に上山田小学校を見てそのまま南下をする。 山田川を渡り、突き当たった道(バス道路)を左折して南へ進む。

900m歩くと、大きな三叉路(百々谷分岐)を右折するが、その手前に 今は廃止になった旧国鉄上山田線のレールに沿って歩いてみました。

三叉路(百々谷分岐)で、少し休憩をしてそのまま昼食をとること にした、40m、11:35〜12:00。 昼食が終わって出発しようとしたら、少し雨が降り出した。 今日一日で雨に降られたのはこの数十分だけでした。運がいい。


右折した道はきれいに舗装されているが、ゆるやかな坂で山田市から嘉穂町 に入る峠道のようだ。 本当は、百々谷峠の200m手前から右折して国道211号線に出るのが ベストだったのです。鮭神社の位置を読み違えていました。

百々谷峠、130m、12:33。国道211号線に出て、1K以上あと戻る。

鮭神社、66m、13:20。 全国で唯一つ、鮭を祭る神社。昭和の初め頃まですぐ前の嘉麻川(遠賀川) に秋から冬にかけてサケが上がってきたそうです。 (今でも遠賀川河口で、サケの確認がされている)

境内にある大きな夫婦楠(クス)に感心しながら、神社を後にした。

さらに500m国道を進むと、益富城自然公園の一角である滝の観音(円通寺) の入り口に着いた、62m、13:35。

子守の人がいたので、念のため滝の観音はここでいいのか尋ねると、 「階段を登っていくと、お参りの鐘の音が澄んできれいですよ」 と簡単に言うから心の準備なしに石段を登るとなんと、520段。

滝の観音、130m、13:45。もちろん休憩はしました。

あと少しという安心感で、益富山へ行く段取りをしっかり確認しないまま、 すぐ目の前の広い道を行く。二又池なるため池に下りて一周するつもりが 藪こぎになり、ようやく道らしい道に出たけれど、現在地は分からない。

とにかく目の前にある道を前進して、ようやく正面から上がってくる 車道にたどり着く、164m、14:25。

ようやく益富城址に着いた、188m、14:30。 山頂は国道に平行(北西−南東)に220m、幅20数メートルの台地。

嘉穂町の紹介に、豊臣秀吉の一夜城の話が詳しく載っています。

      http://tinyurl.com/98nd7

ゆっくり休んで北から下山することにした、14:52。

国道211号線に出る、15:09。数メートル前に我々が乗るバスの 停留所(大隈バス停)がある。

飯塚行きバスに乗る、15:35。

気に入ったら一押し 気に入ったら一押し

posted by 山友 at 21:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。