2005年04月14日

福智山の山頂近くの「荒宿荘」にバイオトイレを

環境配慮、その場で処理


自然にやさしい山小屋でありたい。

小倉南区、直方市、赤池町にまたがる「福智山」(901m)山頂近くにある
「荒宿荘」にバイオトイレを設置する計画を、山岳愛好家グループ
「筑豊山の会」(太田徹哉会長、17人)が進めている。
 
総工費は約500万円。太田会長は「福智山は北九州や筑豊に生まれ
育った者の心の糧。トイレを、みんなで山を大切にする象徴にしたい」
と話している。

   同山は展望の良さで知られ、年間20万人が登山。荒宿荘は68年に
北アルプスの剣岳で遭難死した同会会員の遺志を受け、残ったメンバーが
自力で資材を運び上げ、3年8ヵ月後に完成させた。無料で利用でき、
登山者の多くが世話になっていると言う。

   だが、トイレがないのが長年の課題だった。特に女性からの設置要望
の声が大きく、同会は10年前に県から設置許可を取得し検討してきたが、
うまい処理方法が見つからず、結論が延び延びになっていた。

 そんな中、処理がその場で完結するバイオトイレの存在を知り、
導入を決めたという。
35度の温度を常に保つ必要があるが、動力は会員がガソリンを運搬して対応。
既に小屋の隣接地の地ならしを始めており、来年にも建設したい意向。

同会は賛同者からの寄付を広く呼びかけている。

  郵便振替(振替記号 17460、番号 29238231)。

  問い合わせは太田会長 п@093・601・6194。

H17.4.12  毎日新聞記事より

    気に入ったら一押し 気に入ったら一押し

posted by 山友 at 13:46| Comment(3) | TrackBack(1) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月13日

大障子岩縦走 その3

大障子岩縦走 その3

平成9年7月5日 晴れ、6日 晴れのち雨


前の年、3月にアミューズトラベルで同じ部屋になった、YOSIさんと
上畑(健男社・たておしゃ)から尾平(おびら)へ縦走する。

家を出る、8:00。JRで博多駅に着く、9:40。

YOSIさんの車に乗り込む、9:45。

国道3号バイパス、大宰府インターから高速に入り、大分自動車道の
日田インターから下りた、11:14。

国道212号線を南下し、小国町から国道442号線に入り、瀬ノ本高原
を通って竹田市に入る。竹田市で県道8号線を少し走って国道502号線
に入るのが少し難しい。
(そのまま県道8号線を南下すれば、入田から牧口徳田竹田410号線に
入り、米山で県道7号線と合流する。)

国道502号線を東へ5K進んで、県道7号線へ入る為、信号で右折する。
すぐに原尻の滝で、そのまま16K南下すると上畑に着く。傾山登山口
バス停から左折し数分で今夜の宿、上畑林間学校に着く。

この建物は元分校校舎、部屋は4、5室で全面板張りや、半分畳、全部畳
とシャワー室がある。
全部畳の部屋は先人がすでに貸切っていて宴会中。 我々は半分畳の部屋を掃除して、シュラフ(寝袋)で寝た。

起床、3:40。
用意ができるとすぐ出発。健男社の前の駐車場に車を止めた、405m。
真っ暗な中ヘッドランプを点けて、神社右横の車道を登る、4:10。

この車道を登り詰めると山道が始まる。少し明るくなった所で
朝食をする、5:17〜5:37。

自然林を急登すれば、所々に見晴らしの良い露岩が現れる。ちょっとした
台風や大雨で道が塞がれる、行く手を探しながら進んだ。

黒岩ピーク(1204m)を過ぎると傾斜も緩み、スズタケを漕ぐ。最後に
障子岩をよじ登って前障子に着き大休憩、1409m、7:50〜8:25。

再出発
してからも、手強いスズタケを掻き分け岩稜の上下を繰り返す。
大障子手前で休憩、9:30。

大障子岩山頂、1451m、10:00。
壮大なスケールの展望を楽しんだら下山する、10:13。

急降
下して八丁越に着く、1285m、10:40。
これからは今までよりは緩い尾根を進み、1回目の試みで引き返した、
例の岩場と池ノ原を通過し、宮の原に着いた、1402m、12:06。

夏のため少しバテていたが、宮の原に着く少し前から雨が降り出し、
涼しくなって元気を取り戻したか、下山は足が速くなった。

祖母山登山口、600m、13:34。

登山口付近では雨が降っていなかったが靴は中まで濡れてしまった。
尾平青少年旅行村前の広場で少し休憩をし、ゆっくりと風呂に入る。

上畑林間学校の安藤氏に、
健男社の前の駐車場まで車で送ってもらう。(内緒、少々の御礼をする)

車出発、405m、16:00。小国町、17:46。

日田から大分自動車道に乗り、朝倉町の山田SAで15分休憩、18:50。

JR博多着、19:55。
気に入ったら一押し 気に入ったら一押し
posted by 山友 at 20:36| Comment(0) | TrackBack(1) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月09日

大障子岩縦走 その2

大障子岩縦走 その2

平成9年6月14日 晴れ、15日 曇り


前の年、3月の大障子岩縦走で、同じ部屋になったNAGAOさんと、
祖母山の山小屋の管理人、加藤氏のガイドで試みる。

14日朝、家を出る、10:08。

JR大分着、14:42。NAGAOさんの車に乗せてもらう。

三重町、15:42。清川、緒方町を通って県道7号線に入る。

栗林、中村(最後のガソリンスタンド)、上畑(傾山登山口分岐)
を通って、尾平に着く。

尾平青少年旅行村に着いた、16:57。昔の学校を改造した宿だから
廊下が広くてピカピカ光っていている。客室は備え付けの畳ベッドで
一人部屋、1泊2食で6000円だったと思う。昼食は前の日に予約して
弁当を作ってもらった。

風呂が面白い。二階の廊下の外れのドアノブに男性使用中、女性使用中
の札を掛けるようになっている。ドアを開けると、1m位の渡りが
あって4畳半くらいの部屋が2つ、どちらも2人が入るのがやっとの
広さです。窓は全面ガラスで、露天風呂より開放的。
風呂だけ利用する場合は、315円、今は値上げしているかな?


15日起床、4:05。朝、5時頃まで雨が降っていた。

宿を立つ、5:15。

青少年旅行村の数十メートル下にある駐車場、祖母山登山口、
600m、5:25。

尾平鉱山排土置場の右を直進し、奥岳川本流に架かる吊橋を渡る。

今日は1合目の道標のある林道は使わず、真っ直ぐ北西の尾根を伝う。

尾根に出る、720m、6:00。栂(つが)や夏つばきの大木が目に入る。

林道を経て大きな岩盤の沢を渡ってきた道と合流する、900m、6:37。

3合目、1000m、6:50。

7時位に朝食を済ませ、4合目に着く、1100m、7:21。

6合目宮の原分岐、休憩、1402m、8:14。

メンノツラ小屋への分岐(北東)、8:42。

分岐からすぐ池の原に着いた、1433m、8:46。

問題の岩尾根は雨が降ってないので、少しへっぴり腰になりながらも
難なく通過した。

メンノツラ谷へ下る(小屋のあるところより下)分岐のある
八丁越に着いた、1285m、10:06。

展望台(大障子岩のひとつ手前のピーク)を通過して、
大障子岩に着く、1451m、10:47。
祖母傾山系の360度の展望は今ひとつ、岩峰の目下に雨雲が現れたが
運良く雨は降らない。
写真を撮るなどして出発、11:08。

スズタケをこぐようにして、岩尾根のアップダウンを繰り返し、
前障子(障子岩)の二等三角点に着く、1409m、13:00。

昼食を取り、写真を撮って出発、13:30。

障子岩から直ぐ岩峰の急坂を下り、再びスズタケと岩尾根の
アップダウンを繰り返し、1時間ほどで北東へ、余り人の通って
いない自然林の中を下って行く。
(注:1年後位に案内人の加藤氏が、スズタケを切り払って、現在は
以前あった野性味が失われているとの事、残念です。)

北東への下りの途中で、一度小休憩をし、登山口(健男社の横の車道
を上り詰めた所)に着く、475m、15:54。

NAGAOさんの車で尾平まで戻る、16:20。前の日に宿の人が車を
回してくれていた。

風呂に入って宿を立つ、17:30。

JR大分着、19:19。JR黒崎着、22:40。

気に入ったら一押し
気に入ったら一押し



池の原の少し先の岩尾根
池の原の少し先の岩尾根
posted by 山友 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月07日

大障子岩縦走 その1

大障子岩縦走 その1

平成8年3月23日(土)〜24日(日)  雨


アミューズトラベルで12人参加。

博多駅を出る、9:30。

南熊本PEでアミューズトラベルから出された昼食をする、
11:10〜11:40。

熊本インターから下りて、国道57号線を東に進む。

阿蘇内牧温泉、12:18。波野駅、13:09。竹田市、13:40。

竹田市から国道502号線を5Kほど進むと、緒方町に入る、13:53。

県道7号線へ入る為右折すると、すぐに原尻の滝に着く、14:10。

後は、県道7号線をひたすら緒方町から16K南下する。

上畑(うわはた)のバス停で左折する車道が、傾山鉱山跡登山口
への道である。

左折しないで、すぐ先の健男社(たておしゃ・健男霜凝日麓社)
という神社の前を通り、奥岳川に沿って8K行くと、昔鉱山のあった
尾平に着く。

尾平で古くからの旅館、もみ志やに着く、600m、15:20。

宿では3人が同じ部屋でした。
そのうちの一人のYOSIさんと意気投合し、半年後、祖母〜傾縦走を
することになりました。

朝雨が降っているが、もみ志やを出発する、600m、5:38。

車道を尾平越方面へ100m進んで、弥部川橋を渡ると左の上手に、
元小中学校舎を改築して尾平青少年旅行村とバンガロー、右手に
広い駐車場がある。
この駐車場の外れが祖母山および大障子岩の登山口です。

道標に従い進むと、しばらくは鉱山排土置場があり、10分ほどで
奥岳渓谷に架かる吊橋を渡る。
渡らずに吊橋の根元を真っ直ぐ進めば、黒金尾根、天狗ノ岩屋を
経由して祖母山へ。

林道と出会う所、1合目、775m、6:20。林道を左折して数百メートル
歩くと、大きな岩板の沢を渡る。

2合目、960m、6:55。3合目、1000m、7:09。

4合目、1100m、7:20。

単調な登り一辺倒で宮の原(6合目)に着く、1402m、8:15。

何合目と言うのは祖母山に付けた道標だから、この先はない。

宮の原から右折して、両側のクマザサの道を行く。

池の原(1433m)の先の、岩尾根(1410m)の手前から引き返す、10:00。

案内した人は、熊本大学の大学院生で、前の日も雨だったにも関らず
下見をした所、一人でも大変な時間が掛かってしまい、岩尾根を
越すのも危険だろうと言うことで引き返すことにした。

池の原展望所より少し下ったところで昼食、10:50〜11:10。

宮の原分岐、1402m、11:40。

5合目、12:04。   3合目、1000m、12:34。

林道終点(大きな岩板の沢)、790m、13:05。

1合目、775m、13:15。奥岳渓谷吊橋、590m、13:45。

もみじや前、600m、14:00。

濡れた物や雨具などを整理してバスに乗り込む、14:20。

前の日通った、阿蘇内牧温泉で風呂に入る。

博多駅着、20:34。

気に入ったら一押し
気に入ったら一押し
posted by 山友 at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 山登り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。